[ダークソウル3] 飽き性は「持たざる者」がおすすめ

2_compressed

ダークソウル3は難しいゲームなため、

途中で心が折れてしまい辞めてしまう人がいます。

しかし、中には心が折れてはいないけど、

攻略するのが飽きてしまうこともあります。

私は、ほとんどのソウルシリーズで飽きてしまいましたが、

「持たざる者」に関しては飽きることがありませんでした。

そこで飽きてしまう人のために、

「持たざる者」の魅力を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 何にも縛られることがない

持たざるもの_compressed

素性のほとんどが「騎士」や「魔術師」など、

最初からプレイスタイルが決めれられているため、

そのプレイスタイルに飽きてしまうことがあります。

しかし、「持たざる者」に関しては初期ステータスが均等で、

何にでもなることができます。

行き当たりばったりのステ振りが可能になり、

拾ったアイテムや購入できるアイテムを使うのが楽しくなります。

器用貧乏になってしまう危険があるのは否めませんが、

ソウルシリーズは敵の攻撃パターンを見極めれば、

レベル1でも攻略が可能となっているため、

根気があればクリアすることができます。

その根気がなくて心が折れかけることが多々ありますが。(笑)

 ステータスの振り直しが可能

前作から導入されたシステムで、

ステータスを振り直すことができます。

前作とは少しだけやり方が違いますが、

後々ステータスを振り間違えてしまっても、

変更をすることができます。

 途中でいろいろなタイプに変更できる

初期ステータスがすげて同じということを活かして、

飽きたらいろいろなタイプに変更することができます。

例えば、最初は生命力と筋力を上げた接近戦タイプにして、

後から理力と技量を上げた魔法剣士にすることもできます。

自分の好みに育てることができるのが、

「持たざる者」の特権だと思います。

 

ということで今回はここまで、

よければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です