[レインボーシックス シージ] ミュートの性能解説

rainbow-six_compressed

ミュート

アビリティのシグナルディスラプターで電子機器の使用を制限し、

敵の侵入経路の確保を妨害します。

また、ドローンの無力化もできるため、

敵に情報を盗まれないようにすることもできます。

レインボーシックス シージは情報戦と言われるくらい情報が重要になるため、

間接的に防衛に貢献できるでしょう。

同じ部隊のスモークと比べると個人の攻撃力の低さが目立ちますが、

ニトロセルを所持できるため少しは戦えます。

それではミュートの詳しい性能の説明をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 シグナルディスラプター

シグナルディスラプター_compressed

名前が長いのでジャマーと略されることもあります。(普段はジャマーってよんでます)

ドローンの侵入を阻止できるのはもちろん、

ブリーチング・ヒート・クラスターチャージを無力化できるため、

準備フェーズはドローン対策として通気口やバリケードの下などに設置し、

攻撃フェーズになったら窓や強化壁に設置すると効果が大きいです。

また、キャッスルのアーマーパネルのそばに設置すると

ブリーチングチャージで破壊できないようにすることも可能ですし、

強化壁であればヒートチャージを阻止できます。

欠点としてはサッチャーのEMPグレネードで、

簡単に処理されてしまうことです。

対策法としてはすべてのシグナルディスラプターを設置せずに、

数個だけ温存し所持しておくと大丈夫です。

上手くいけばヒートチャージを阻止して防衛に貢献できますし、

仮に突破されても時間稼ぎにはなります。

準備フェーズでドローンの処理をするときは、

侵入してくる場所を予測して迅速に設置することが大切です。

(※パッチ3.3により効果範囲が広がりました)

以前に比べてドローン処理の効果が高くなりヒートチャージを防ぐ範囲も広がりました。

曲がり角や狭い入口など敵に壊されにくい所に設置すると、

ジャマーを守りつつドローンの妨害に効果を発揮しやすいです。

 MP5K(サブマシンガン)

MP5K_compressed

高レートのサブマシンガンで、

平均的な火力を持っています。

ACOG(2.5倍)サイトは使用できないためリスキルには向いていませんが、

ホロサイトは使用できるので近~中距離戦で活躍できます。

しかし、同じ800レートの武器の中では少しだけ威力が低いです。

個人的には気になりませんが、

一応低いということだけ知っておいても損はないでしょう。

 M590A1(ショットガン)

M590A1_compressed

ポンプアクション式のショットガンで連射力は低いですが、

高威力なため当てることができれば効果が大きいです。

MP5Kに威力不足を感じるなら使用しても良いでしょう。

 P226 Mk 25(ハンドガン)

P226 Mk 25_compressed

SASが使用できる一般的なハンドガンです。

メインウェポンのリロードが間に合わないときに使用すると良いでしょう。

 ニトロセル

ニトロセル_compressed

メインウェポンだけで戦うのは心細いので、

個人的には所持しておいたほうが良いです。

盾処理に貢献できるでしょう。

 展開型シールド

展開型シールド_compressed

隠れたり障害物として設置できますが、

ミュートの場合はニトロセルのほうが効果が大きいです。

 

ということで今回はここまで、

よければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です