[レインボーシックス シージ] パルスの性能解説

rainbow-six_compressed

パルス

アビリティの心拍センサーで索敵し、

裏取りと遊撃を専門とした立ち回りをする人に適しています。

心拍センサーで敵の位置を確実にとらえてから飛び出しが可能なため、

敵は反撃することが難しく楽にキルできるでしょう。

アーマーレベルは1で走るスピードも早く、

パルスの心拍センサーを活かしやすいです。

メインウェポンはどちらも使いやすいですが、

個人的にはショットガンで壁抜きしてキルを狙うやり方がおすすめできます。

ニトロセルも持てるので盾持ちが来ても安心ですし、

攻撃の幅が広がるでしょう。

裏取りと遊撃に関してはマップを覚えていない頃は難しいので、

初心者の方は無理に使用しなくても良いでしょう。

それでは詳しい解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 心拍センサー

心拍センサー_compressed

壁越しの敵を探知できるアビリティで、

探知された敵は気づくことが困難なため非常に強力です。

裏取りや遊撃に関しては1番成功率が高いといってもいいです。

壁越しはもちろんですが天井や床下の敵も探知できるので、

立体的なマップでも活躍できるでしょう。(全部立体的ですけどね。笑)

敵の移動する流れを確認し、

敵の向いている方向やドローンを使用しているなどを読んで瞬時に攻撃すると効果的です。

ラぺリング中の敵を飛び出してキルしたり、

窓際で迎撃したりなど使用できる状況は比較的多いです。

しかし、心拍センサーを使用するときは少し音がなってしまうので、

警戒している敵に気づかれてしまう危険性もあります。

使用するときは何回も取り出さずにずっとカメラを構え続けると大丈夫です。

ちなみに、心拍センサーを使用している間は、

IQのアビリティで位置がバレてしまうので注意が必要です。

味方に位置を知らせることはできませんが、

複数人でボイスチャットをしているときは、

場所を的確に教えることができます。

索敵しつつ遊撃もやりやすいので、

優秀なアビリティと言えるでしょう。

(※パッチで更に強化されております。)

 UMP45(サブマシンガン)

UMP45_compressed

低レートなので反動制御ができない初心者の人にはおすすめできます。

ショットガンを使用するとリスキルやサプレッサーによる隠密行動ができないため、

初心者ではなくても使用するメリットは大きいです。

扱いやすいですが近距離戦には弱いので、

出会い頭の戦いには注意した方良いでしょう。

それと、ACOG(2,5倍)サイトを付けることができません。

 M1014(ショットガン)

M1014_compressed

連射力があるセミオートショットガンです。

パルスは基本的に心拍センサーを使用して裏とりするため、

ショットガンと非常に相性が良いです。

壁越しに敵がいることがわかれば壁抜きで速攻キルできるでしょう。

しかし、相手が強ければショットガンを撃つ前に攻撃されるため注意が必要です。

 M45 MEU (SOC)(ハンドガン)

M45 MEU (SOC)_compressed

威力が高いのでサブウェポンとして使い勝手が良いでしょう。

使う頻度は少ないので、

個人的にはそこまで慎重に決めなくても大丈夫です。

 5.7 USG(ハンドガン)

5.7 USG_compressed

弾数が多いので壁に穴を開けることに適しています。

その他にもショットガンを使用する際に中距離戦用として所持することもできます。

しかし、ハンドガンで中距離をヘッドショットするのは難しいので、

初心者の頃は辞めておいたほうが良いでしょう。

 ニトロセル

ニトロセル_compressed

盾を瞬殺できる威力を持っているので、

できるだけこちらを選んだほうがメリットが大きいでしょう。

パルスは遊撃にでるのが基本的な戦術になるため、

盾持ちと接敵する可能性が非常に高いです。

盾持ちを1人でもキルしておくと、

防衛が非常に有利になるでしょう。

仮に盾持ちがいなくても、

設置して敵を警戒させることが可能です。

 有刺鉄線

有刺鉄線_compressed

ニトロセルを所持した方がメリットが大きいので、

無理に使用しなくても良いと思います。

味方にニトロセルを持つことができるオペレーターが多ければ、

選んでも良いのではないでしょうか。

 

ということで今回はここまで、

よければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です