[レインボーシックス シージ] ヴァルキリーの性能解説

rainbow-six_compressed

ヴァルキリー_compressed

(※パッチ4.2によりブラックアイの所持数が4→3に変更)

第2弾のDLCで追加されたオペレーターで、

アビリティの監視カメラをうまく使い、

索敵しつつ敵を排除することに向いています。

監視カメラは自分だけでなく味方も使用できるので、

重要な場所に仕掛けてチームに貢献できるでしょう。

メインウェポンはサブマシンガンかショットガンを使用でき、

どちらも使いやすいので立ち回りの幅は大きいです。

また、ニトロセルも所持できるので攻撃能力は十分です。

遊撃がしやすいオペレーターなので初心者には難しいですが、

監視カメラの設置場所に気を付ければ初心者でも味方に貢献できるでしょう。

それでは詳しい解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 ブラックアイ

ブラックアイ_compressed

好きな場所に監視カメラを3つ設置できるアビリティで、

通常の監視カメラと違い敵はどこに仕掛けられているかわからないので非常に強力です。

味方と画面を共有できるのも便利で、

重要なエリアに仕掛けておくとチームに貢献できるでしょう。

もちろん自分の裏取りのために使用しても効果的です。

初心者の人が使用する際は遊撃に自信がないと思うので、

防衛エリアの周辺に設置しておくと良いでしょう。

スキャンして教えてあげることで遊撃に出た味方が裏取りしやすくなります。

設置するなら周辺の部屋や上の階層がおすすめですし、

状況によっては防衛エリアに設置しても良いでしょう。(特に「爆弾」とか)

また、外に投げてラぺリング中の敵を確認することもできます。

弱点はIQのデバイス探知機とサッチャーのEMPグレネードです。

どんなにうまく隠しても壊される可能性があるので注意した方が良いです。

 MPX(サブマシンガン)

MPX_compressed

高レートのサブマシンガンで非常に扱いやすいです。

同じくらいの威力の武器に比べて連射速度が速く、

反動もそこまで大きいわけではないので強いです。

ACOG(2.5倍)サイトを使用することはできませんが、

十分性能を発揮できるでしょう。

迎撃や遊撃、裏取りなどさまざまな状況で使用できます。

 SPAS-12(ショットガン)

SPAS_compressed

高威力のセミオートショットガンで、

フロストのショットガンと似た性能になっています。

サブマシンガンも優秀ですが接近戦や壁に穴を開けたいのであれば、

こちらを使用しても十分活躍できるでしょう。

私はショットガン持ちが少ないときやマップに合わせて使い分けています。

もちろん初心者の人にもおすすめできるショットガンです。

 D-50(ハンドガン)

D-5_compressed

高威力のハンドガンで敵をキルする際に活躍できますが、

反動が大きいので使用するには練習が必要です。

壁に穴を開けにくくサプレッサーも付けられないので、

攻撃重視のハンドガンになりそうです。

 ニトロセル

ニトロセル_compressed

個人的にヴァルキリーはニトロセルを使用した方がメリットが大きいです。

遊撃や裏取りの際に盾持ちと出くわしても安心できます。

ブラックアイで敵の位置を確認して、

下の階から投げて爆破してキルできるときもあります。

 展開型シールド

展開型シールド_compressed

強ポジを作り出したりする際に使用できますが、

ヴァルキリーでする必要性は低いでしょう。

個人的にはニトロセル一択です。

 

ということで今回はここまで、

よければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事一覧

2 comments on “[レインボーシックス シージ] ヴァルキリーの性能解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です