[レインボーシックス シージ] イェーガーの性能解説

rainbow-six_compressed

イェーガー

防衛側で唯一アサルトライフルを使用できるオペレーターで、

攻撃力が非常に高いです。

また、スピードも早いので突撃したり防衛場所をすばやく変えることもできます。

個人的には一番リスキルが成功しやすく、

ヘッドショットを狙わなくても比較的キルしやすいです。

アビリティのアクティブディフェンスは敵のグレネードを無力化することができ、

味方の防衛を有利にすることができるでしょう。

ガジェットでニトロセルを使用することはできませんが、

攻撃能力は高いので大丈夫です。

攻守共に活躍できるオペレーターと言えます。

それでは詳しい性能を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 アクティブディフェンス

イェーガー_compressed

グレネードを完全に無力化するガジェットで、

自分の身はもちろんですが味方にも効果があります。

フラグによる一撃死やスタンによる強行突破を防げるでしょう。

1つのアクティブディフェンスで2つのグレネードを無力化できます。(以前は3つだったのでちょこちょこ修正来るかもしれません。)

アクティブディフェンスは3つ所持できるので、

合計で6つのグレネードを無力ができます。

敵が使ってきそうな場所に設置すると効果が高いです。

初心者の人が使うときは設置する場所に困ってしまいますが、

防衛エリアの入口付近や物陰に隠しておくと機能しやすいと思います。

また、通気口の入り口からグレネードを投げられることもあるので、

通気口の近くに設置することも大切です。

その際はサッチャーのEMPグレネードに破壊されないように、

壁から離しておくことが大切です。

バンディットがヒートチャージを阻止しようとしているときは、

積極的に設置したほうが良いでしょう。(もちつきに関しては別記事で説明したいと思います)

ある程度プレイに慣れてくると遊撃の際に設置して使用する方法もあるのですが、

この方法を使えるようになっている頃には初心者を脱していると思うので省略したいと思います。(笑)

ちなみに、アクティブディフェンスはグレネードだけでなく、

アッシュのブリーチング弾を防ぐこともできます。

 416-C CARBINE(アサルトライフル)

アサルトライフル_compressed

扱いやすいアサルトライフルです。

レートや反動も丁度良いので、

初心者の人でも扱いやすいと言えます。

ヘッドショットを狙わなくても胴体撃ちで安定してキルできる場面も少なくないです。

使う人の好みにもよりますが中距離での交戦距離を活かすためにも、

スコープはACOG(4倍)にしたほうがいいかもしれません。

弱点としてはドローン処理が腰だめでやりづらいことです。

ハンドガンでしっかり狙えるようになると大丈夫でしょう。

 M870(ショットガン)

ショットガン_compressed

ポンプアクション式の高威力ショットガンです。

イェーガーはアサルトライフルのほうが優秀なので、

優先して使う理由は低いです。

 P12(ハンドガン)

p12_compressed

平均的な装弾数が多いハンドガンです。

アサルトライフルをリロードする時間がないときや、

ドローン処理をするときに使用します。

もちろん壁に穴をあけるときにも使用できます。

 展開型シールド

展開型シールド_compressed

防衛エリアに設置しても良いのですが、

遊撃を有利にするために設置してもいいかもしれません。

ちなみに、アクティブディフェンスとうまく組み合わせて、

フラグなどによる展開型シールドの破壊を防ぐことも可能です。

その際は展開型シールドの設置場所を考えて、

アクティブディフェンスの射線を確保する必要があります。

フラグやブリーチング弾を消費させるためにも、

個人的には展開型シールドを推奨します。(味方のガジェットにもよる)

 有刺鉄線

有刺鉄線_compressed

通路などに設置することで敵の移動を困難にします。

フラググレネードを使用して破壊する敵がいるので、

周辺にアクティブディフェンスを設置しておくといいかもしれません。

 

ということで今回はここまで、

よければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です